温泉

天然温泉

 天然温泉「黒湯」をお楽しみいただけるスパロイヤル川口

天然温泉「黒湯」について

地下1,300mより湧出する、湯量豊富な温泉で、泉質はナトリウム-塩化物泉です。 地層内の分解された有機物(フミン酸)が溶け込み、黒く濁っているため「黒湯」と呼ばれています。
この「黒湯」は、劣化しにくく抗菌性も高いとされ、さらに 塩分を多く含んでいることから身体がよく温まり、別名「熱の湯」とも呼ばれています。

■ 天然温泉「黒湯」詳細
源泉名 川口 スパロイヤル温泉
泉質 ナトリウム-塩化物泉
主成分 ・ナトリウムイオン(2960mg)
・カリウムイオン(90.4mg)
・アンモニウムイオン(14.1mg)
・マグネシウムイオン(32.1mg)
・カルシウムイオン(91.4mg)
泉温 28.8度
適応症 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・慢性消化器病・冷え性・疲労回復等

天然温泉「黒湯」は露天風呂の源泉掛け流し・源泉風呂・つぼ湯・うたたね湯・浸透炭酸泉に使用されております

» お風呂のご案内はこちら

TOPへ